障害児福祉手当

[概要]

障害児福祉手当とは、身体又は精神に重度の障害がある20歳未満のお子さんに対して、福祉の向上を図ることを目的として支給される手当です。

[支給内容]

2月、5月、8月、11月に、前月までの3か月分をまとめて障害者ご本人の預金口座に振り込みます。

手当額について詳しくは、下記のリンク先ページをご覧ください。
「障害児福祉手当」の手当額(全国版子育てタウンサイト)
※障がい児福祉手当は、物価の変動に応じて年度ごとに、手当額が改定される場合があります。

[対象者]

重度の障害があるため、日常生活に常時介護が必要な20歳未満の方。
(おおむね身障手帳1,2級の1部、愛の手帳1,2度程度の方。あるいは、これらと同等の疾病、精神障害の方。※各種手帳を取得していなくても可)

ただし、次に該当する方は除く
(1)施設入所者
(2)障害を理由とする公的年金受給者

※本人及び扶養義務者の所得制限がありますので、所得が基準額を超えている場合、手当は支給されません。
※聴覚の障害により申請する場合、以下の項目に該当する方は、対象とならない場合があります。
・運転免許を取得している
・補聴器を使用している

[申請できる人]

対象者ご本人、法定代理人、任意代理人

[申請期日]

随時

[手続きなど詳しくは]

「障害児福祉手当(国の制度)(中央区サイト)」をご覧ください。

障害児福祉手当(国の制度)(中央区サイト)

子育て応援情報

「こどもすくすくナビ」をシェアしよう
  • つぶやく