小児慢性特定疾病医療費の助成

[概要]

厚生労働大臣が定める慢性疾患にかかっていることにより、長期にわたり療養を必要とするお子さん等の健全な育成を目的として、その治療方法の確立と普及を促進し、ご家族の経済的な負担を軽減するために、治療に要する医療費等を医療保険各法による医療給付を適用し、その残額から月額自己負担限度額を控除した額を助成しています。
対象となる疾病についてなど、詳しくは東京都福祉保健局ホームページをご覧ください。

[支給内容]

都道府県等から指定を受けた医療機関(病院、診療所、薬局及び訪問看護事業所)で、認定を受けた疾病と、その疾病に付随して現れた傷病の治療にかかった保険診療による医療費等を医療保険各法による医療給付を適用し、その残額から月額自己負担限度額を控除した額を助成します。(保護者の所得状況に応じた月額自己負担限度額があります。)

[対象者]

東京都に住所を有する、18歳未満で、小児慢性疾患の対象疾患及び当該疾患の状態が認定基準に該当するお子さん
※ただし、18歳になる前から認定を受けていた場合で、18歳になった後も引き続き治療が必要であると認められた方は、20歳になるまでが対象です。

[申請できる人]

対象となるお子さんの被保険者(国民健康保険の場合は、住民票上の世帯主(世帯主が保護権を有していない場合は患者(子)の保護権を持つ方))

[申請期日]

随時
※申請書類が受理された日が公費負担の開始日になります。

[手続きなど詳しくは]

「小児慢性特定疾病医療費助成制度の概要(東京都サイト)」をご覧ください。

小児慢性特定疾病医療費助成制度の概要(東京都サイト)

子育て応援情報

「こどもすくすくナビ」をシェアしよう
  • つぶやく