出産育児一時金

[概要]

健康保険に加入している方が出産した場合、出産日に加入している健康保険から「出産育児一時金」が支給されます。(妊娠85日以降で死産や流産をしたときでも受け取れます。)
受け取る方法は直接支払制度と受取代理制度と健康保険への直接申請の3つあります。
・直接支払制度のとき
病院で、直接支払制度を利用する書類を作ります。退院するとき入院費から出産育児一時金を差し引いてもらいます。
・受取代理制度のとき
出産する人が出産育児一時金の申請を出産前に行います。退院するときに入院費から差し引いてもらいます。
・直接申請のとき
退院のときは入院費を全額支払います。退院後入っている健康保険に申請し、直接出産育児一時金を受け取ります。

[支給内容]

出生児1人につき42万円
(産科医療補償制度対象外の場合は40万4000円)

[対象者]

健康保険に入っていて出産した方
※妊娠85日以降で流産や死産をした方も対象です。(経済的理由による人工死産は支給対象外です)
職場の健康保険から支給される出産育児一時金についてはこちら(全国版子育てタウンサイト)

[申請できる人]

・中央区国民健康保険に入っている方は世帯主
・会社の保険に入っている方はその会社に勤めている方

[申請期日]

直接支払制度のときは、出産する病院で手続きをしてください。受取代理制度のときは、出産する前までに、入っている健康保険で手続きをしてください。
※直接支払制度や受取代理制度を利用しないときは、出産した翌日から2年以内に、出産したときに入っていた健康保険に申請してください。

[手続きなど詳しくは]

「出産育児一時金(中央区サイト)」をご覧ください。

出産育児一時金(中央区サイト)

子育て応援情報

「こどもすくすくナビ」をシェアしよう
  • つぶやく